タイ、ベトナム、カンボジアなど日本人旅行者に人気の東南アジアの国々。

その中でも今回はまだまだ未開拓の国、ラオスの「大自然アクティビティー」についてご紹介します!

バンビエンについて
バンビエンは首都ヴィエンチャン、北部のルアンパバーンの2大観光地の中間地点にある小さな町。町の一番の目立つ特徴として、アメリカ空軍がベトナム戦争時に使用した滑走路があり、それと並行するようになだらかなナムソン川が流れています。川に沿い、多数のバンガローやレストランなどが軒を連ね、近年観光地化開発が進んでいる場所です。

 

アクティビティーの種類
1. 「チュービング」
IMG_3134
バンビエンで一番有名なアクティビティーと言えばチュービング。
チュービングとは、「チューブ=タイヤ」に乗り、川を下っていくアクティビティー。
町の中心地にあるチュービング受付場所にて参加登録し、スタート地点の川上までソンテウ(軽自動車を旅客用に改造した乗り物)で向かい、そこから川下の町中心部まで下っていく。途中に休憩ポイントが4〜5つあり、ドリンクバーやトイレも設備されています。

2. 「ブルーラグーン」
laos_2
ブルーラグーンは町から約7kmの場所にある「湖」。透き通る様なグリーンに近いブルーの美しさを放つこの湖、ただの湖ではありません!
スライダーに水中ブランコ、約10mの高さからダイブ出来る木や、ターザンロープなど、
水遊びアクティビティーが満載の場所です!

3. 「カヤック」
laos_3
バンビエンの町の至るところにある旅行代理店やホテルの受付で簡単にツアー予約が出来ます。
チュービング同様、川上まで移動してカヤックを漕ぎながら川を下っていき、壮大な山々の景色を楽しめるだけでなく、ツアー仲間やガイドさんとカヤックに乗りながらの“水かけ合戦”などのプラスアクティビティも楽しめます。

4. 「ジップライン」
Zip-line_over_rainforest_canopy_4_January_2005,_Costa_Rica
ジップラインとは、木々の間に張られたワイヤーのロープを“プーリー”と呼ばれる滑車を使って滑っていくアクティビティー。
途中にハシゴや階段などアスレチック遊具もあり、山をターザンのようにかけめぐるだけでなく、次の滑るポイントまでの間もアクティブに楽しめます。

5. 「ケービング」
ケービング
ケービングはタイヤに浮かびながら洞窟を探検するアクティビティー。
チュービングが川下りなのに対し、こちらはヘッドライトを着けて鍾乳洞のような岩の隙間を進んでいく冒険心くすぐられるアクティビティー。

アクティビティー費用
チュービングは「デポジット=前金+チュービング代金」の合計で前払い。
デポジットは約900円(2015年10月現在)、チュービング代金は850円程。
デポジットはタイヤの故障や紛失の際の保証金の為、何もなければ帰りに受付で返金して貰えます。

ブルーラグーンは入場料150円程で入場出来ます。
ツアーの場合は代金に込み、個人でバギーやバイクをレンタルで行く場合は入口で支払いになります。

カヤック、ジップライン、ケービングは、通常はシングルではなく、2種類、もしくは3種類のアクティビティーを組み合わせたセットツアーになっていて、アクティビティーの種類も上に挙げた他に、「気球、サイクリング、トレッキング、ボート」など店舗により多数種類があるので、自分が参加したいツアーセットで申し込みすると良いです。

平均的には1日ツアーで1,000円〜3,000円程、ハイシーズンやシングルツアー、ガイド貸切の場合は2,3倍の金額が必要です。

日本からバンビエンへの行き方
日本からラオスへは直行便がない為、タイ経由かベトナム経由が一般的なルートです。
旅期間1週間とすると、飛行機でタイ経由ヴィエンチャン行き50,000円〜60,000円程度、ベトナム経由ヴィエンチャン行き70,000円〜90,000円程度(2015年10月中旬調べ Expediaより)。
ヴィエンチャンのワッタイ国際空港からは空港から出ているタクシーでバンビエン行き約10,000円、ミニバンだと約12,000円で行けます。

他にもタイ、ベトナムへ一旦飛んでからバスや電車で行く方法もあります。時間がかかるデメリットがありますが、金額重視の方はこちらがオススメです。

アクティビティー以外の楽しみ方
1. レストラン&バー
laos_6
バンビエンのレストランは雨季対策として座席がほぼ高床式。
靴を脱ぎリクライニングソファでご飯を食べる事が出来るリゾートのようなリラックススタイル。また夜になると時間制で“ドリンク無料!”という緩い土地らしいサービス精神旺盛なバーのサービスも至るところで開催される為、バンビエンのレストラン&バーはマストです。

2. バンビエンの人たち
2798798735_7e062f6558_o

バンビエンの住人達はとにかく人懐っこくて優しい。
この土地ならではの素直な人柄に触れ合える為、一日500円以下でレンタル出来るバイクに乗って、周辺の村や学校を訪ねて自分だけの散策もおススメ。バンビエンの人の温かさに心が癒されますよ!

昼は種類豊富なアクティビティー、夕方は疲れた体を癒すリラックススタイルでご飯、夜は無料でカクテル!とここまで揃ったフルコースはここ、バンビエンでしか味わえないでしょう!

壮大な大自然の景色の中、子供に戻ったような気持ちで遊べるアクティビティー満載のバンビエン。
是非一人旅、カップル、友達同士や家族で行かれてみてはいかがでしょうか?
あの景色とアクティビティーは一度味わうと病みつきになりますよ!

NPO法人 Nature Service
「自然(Nature)に入ることを、もっと自然(Naturally)に。」をテーマに活動する広域のNPO法人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です