必読! 知られざる森の音は、私たちをもっと元気にしてくれる!!
森の気持ちよさを「五感」から紐解き、疲れたココロとカラダが元気になる過ごし方をお伝えします。

森のオーケストラ
鳥のさえずり、動物の鳴き声、虫の音、風の音、小川のせせらぎ…。森は様々な音に溢れ、どれも主張はあるのに、とても心地よい旋律を奏でています。絶妙に重なりあった命の音色、まるでオーケストラのように聞こえませんか?

聴覚2

 

ハイパーソニックサウンド
脳科学者/作曲家の大橋力氏により、森には人間に聞き取れない超高周波(ハイパーソニックサウンド)の存在が発見されました。しかも、それは皮膚で聴いているというのです。この音はストレスを低下し、免疫力を高め、心の豊かさを育む効果があるというもの。生態系豊かな熱帯雨林のアマゾンや、伊勢神宮の森で高い数値で観測されるそうです。

生物多様性が織りなす超高周波の存在とその効果の発見は、今後の森の在り方・過ごし方に大きな影響を与えるのではないでしょうか。

【参考】ドキュメンタリー映画 うみやまあひだ~伊勢神宮の森から響くメッセージ~

 

聴覚の疲労
普段の生活では、つい100年前には無かった機械音ばかり。これでは聴覚の疲労が溜まる一方です。耳の聞こえが悪い、平衡感覚がおかしいなど不調があれば、できるだけ早く自然の音で耳を癒しましょう。

森で佇む
森の音で癒されるには、森でゆっくり佇みましょう。目を閉じ、あらゆる雑念を解き放ち、聴覚だけを意識します。最初は近い音から、徐々に遠くの音まで感じるようになり、とても開放的な気分に…。きっとあるであろうハイパーソニックサウンドは「肌で聴いている」と信じるのが賢明でしょう。そして、この効果はアルコールのように「じわっ」と効いてくるとのこと。ひたすら身を委ねるのが良さそうです。

聴覚3

そうはいっても、森の中で目を閉じるのは意外に怖いもの。仲間に見守ってもらい、安心の中で実践してみてください。あまりに心地よくて寝てしまうかも。寝ると体温が下がるので、ぜひ羽織るものをお持ちくださいね。

おうちでは波動スピーカー
家では柔らかい放射状の音を奏でるエムズスピーカーがおすすめ。リアリティある波動音は、部屋を瞬く間に調和のとれた心地よい空間にしてくれます。音楽は仕事や勉強の効率を上げると証明されていてますので、日々の何気ない音からも、心の豊かさや元気が得られるといいですね。

五感を少し意識するだけで、自然の本当の豊かさに触れていける気がします。

次回は【触覚編】お楽しみに。

NATURES. 編集部 キュレーター
英国IFA認定アロマセラピスト、森林セラピーガイド、五感に響くカフェ&セレクトショップ 神楽茶樓 ロハスプロデューサー
ハンター・料理人・養蜂家の父を持ち、東京にいながら里山の恵みに囲まれて育つ。現在は、都内のお店を拠点に、あらゆる健康(心身、自然、経済)から、持続可能な真の豊かさを追求し活動中。

コメントを残す