森は身近なところにある。

10502258_528160380642923_5288882914159904033_n

足元を見てみましょう。

鬱蒼と茂ったジャングルがそこにありませんか?
少しだけ、しゃがみこんで、地面と同じ高さになってそれを見てみましょう。

大きな木2

大きな木

一本の木を下から見上げてみましょう。

なるべく幹に近いところに顔を付けて。

樹木と同じ視点から、空を眺めてみましょう。

一本の幹から、どんなにアクティブに、空に枝が伸びて行ったかが分かります。

南米の密林まで行かなくても
北欧の針葉樹林や
ヨーロッパの童話のような森に行かなくても

あなたのすぐそばに、深い森があるのです。

それに気付くだけで、毎日の生活も変わります。

すでに、ここは森の中なのです。

森に座ってみる。

森の話

森に着いたら、まずは座ってみる。

その場にしゃがみこむだけでなく、なるべく自分がリラックスできるように座ってみる。

そこに素敵な椅子を置いてもいい。
これなら、近所の森でもできる。

そこに座るだけで、違った風景が見えてくるでしょう。

もし、あなたが森で、鳥を観察したり、珍しい蝶を見つけたかったら、森をウロウロ歩きまわるのではなく、その場に座って待つことです。

じっと、自分がその森の一部になったかのように、座って待つのです。

あなたが動かなくなると

今度は森が動き出します。

たくさんの生き物がそこを通り過ぎて行くでしょう。

こんなにたくさんの生き物がいたんだ!びっくりするくらい、通り過ぎて行きます。

これは、森に座ってみないと分からないこと。

立ち止まるのでもなく、しゃがむのでもない。

座ってみること。

森に寝転んでみる。

ゴロン5

背中。

昔、組体操などをした時に、友達を背中を付け合うと、やけに親しくなったような気になりませんでしたか?

あるいは、小さい頃、お父さんにおんぶされた時

好きな人とハグをする時も、手のひらを背中に付けます。

背中は、その相手と仲良くなるためのポイントがあるのだと思います。

では、森と仲良くなる為には、どうしたら良いでしょう?

森のデコボコの地面に、しっかりと背中を付けてみることです。
すると、不思議なことに

10710811_594502274008733_8174873980445488899_n

霧の杉

森の視点になって、森を見ることができます。

音の聞こえ方も変わります。

背中を付けるだけで、いつもとは違う感覚になるはずです。

最後に

これらのことは、深山渓谷まで行くまでもなく、近所の公園でもできることです。

公園でも、それを感じる方法によって、深い深い自然を感じることができるのです。
最後に、そこに音楽を加えてみませんか?

美しい風景と、そこに似合う音楽があること。

音楽は、人と自然の結びつきを強めるものです。

それも、iTunesやヘッドフォンではなく

生のアーティストの演奏はどうでしょう。

(3)

そこで音楽を聴くだけで

ただの美しい風景が

あなたの思い出に残る、特別な風景になります。

そこを通る度に、そこで音楽を聴いたことを思い出し、それがあなただけの風景になるのです。

600706_812313758894249_8449774333476926110_n

森歌登山

「森の歌会」は、アーティストの音楽と共に、そんな体験をお届けします。

ぜひお試しください。

NATURES. 編集部 キュレーター 森の中で、歌を聴こう。 「森と歌を繋ぐ専門家」として、日本全国の森で、森の歌ライブを展開しています。 森の景色、森の音、焚き火、ナイトウォークなど、様々な自然体験と共に、森の生き方から学ぶ人の生き方を、音楽と共にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です