伊豆大島は都心からジェット船で1時間45分で着く「海のど真ん中」にあり、夏はどこからともなく吹く、心地よい自然のクーラーが存在する夏の楽園だ。日中31℃を超える事は滅多になく、夜はしっかり25℃以下に落ちるから熱帯夜とは縁遠い。
それでいて、黒潮の恩恵を受ける大島の海は、驚くほど透明度が高く、とにかく魚が多い!
ゆえに大島にはダイビングを楽しむリピーターさんも多いのだ。

陸から水面をふと覗き込むだけで、海底が見えて魚も見える海。

こうなると、一番気軽に楽しめるアクティビティはシュノーケリングだ!
マスク・シュノーケル・フィン・ライフジャケット(救命胴衣)を着用して水面に浮きながら水中の魚を見て楽しむ遊び♪
小さな子供でも楽しめて安価な事から、親子連れには絶対的人気を誇る。

逆に本格的に楽しみたい方には「一度はやってみたいマリンスポーツ!」としても有名な体験ダイビング!
特殊な器機を背負って水中に潜り、沢山の魚を水中から間近に見れるのが魅力!インストラクターが付きっきりで寄り添うので安心なのだが、ちょっと勇気と練習が必要。

そして今回の一押し!スキンダイビング!!
あまり聞きなれない遊びかと思いますが、「シュノーケリング以上~体験ダイビング未満」の実は良いとこ取りな近年注目のアクティビティなのです。
シュノーケリングの装備からライフジャケット(救命胴衣)を外したスタイルになり、息止めをして、水中を遊泳する・・・要は「海女さん」体験のような遊びです。

上手く水中に潜っていくには「ジャックナイフ」と呼ばれる水面から水中に向かうコツが必要なのですが、少し練習すれば意外と皆さん簡単に出来るようになります。
ダイビング程、魚をじっくり観察出来ませんが、お気軽に間近に迫って見る事は出来ます。
憧れのイルカと一緒に泳ぐドルフィンスイムもこれが出来ると10倍楽しくなります♪

※写真は御蔵島イルカツアーの時のもの
※写真は御蔵島イルカツアーの時のもの

こんなにキレイで魚も沢山見えるからシュノーケリングだけじゃ勿体ない、でも体験ダイビングに申し込むのはちょっと勇気が出ず悩んでしまう…こんな方には是非オススメ致します。

そしてスキンダイビングをしたくなる人気スポットもいくつかご紹介致します。

<南部地区>トウシキ海岸遊泳場のタイドプール!
シュノーケリング&スキンダイビングに絶対的人気なポイント!
最大水深は4mとタイドプール内は比較的水深が浅いので、スキンダイビング初心者でも安心して楽しめるポイントです。一面に広がるイソギンチャク畑には人気のクマノミも沢山います♪

トウシキのタイドプール
トウシキのタイドプール
トウシキの海!
トウシキの海!

<北部地区>秋の浜海水浴場(ダイビングポイント)
オールマイティに楽しめる、大島で一番魚の種類が見れる人気ポイント!
広大なエリアゆえに、浅場から深場まで自由に楽しめます。
魚の多さならばスキンダイビング上級者でも納得の充実感が味わえる。

この夏、伊豆大島でスキンダイビングに挑戦してみては?
海水浴とは違った、オススメの海の楽しみ方です!

ご紹介したスポットのさらに詳しい情報は、ダイビング&ネイチャーガイドショップ『オレンジフィッシュ』にお問い合わせください。

NATURES. 編集部 キュレーター / 伊豆大島オレンジフィッシュ 代表
ニックネームは「かっすん♪」
緑豊かな田舎で生まれ育ち、一度は都会に憧れて生活するも、
やはり自然の中での暮らしを求め、大島に移り住み早10年。。。
海・山・星と大自然の中でオールマイティなガイドサービスを営んでいます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です