八丈島の自然は、はてしない。
二つの山を持つ八丈島。西山と呼ばれる八丈富士(854m)は、伊豆諸島の最高峰。東山と呼ばれる島の東側には、三原山(700m)を頂点に西白雲山、東白雲山、東台子山をつなぐ尾根を持ち、豊富な水蓄えていくつもいくつもの滝を形成している。植物も両山とも豊富であり、四季が楽しめる。

【八丈富士】
八丈富士 854m は、富士山 の縮小版ともいえるきれいな山である。外輪山までは登山口から55分。外輪山から山頂まで は15分で到着できる。
外輪山が一周できるお鉢巡りは、中央火口丘の五つの沼を角度かえると望むことができる。ただし、季節風の吹く冬場は風が強く危険な側面もある。

【三原山系】
滝が多く存在するところでもある。
大滝・街中心から防衛道路を通り、鴨川林道へ左折して行き止まりまで車を進めると、大滝への入り口なる。
入口からは約30分で到着することは出来るが、水量も多くぬれる 。
観光協会に立ち寄り、十分調べをしてから入ることをお勧めする(※ガイドをつければ安心)
滝上は八丈町の取水口があり、きれいな水である。滝壺を有し、泳ぐ事は可能であるが冷たい。

三段の滝
鴨川林道の途中にあり、絶えず水が流れている。島人にもあまり知られていない滝のひとつでもある。名前の通り、三段からなる滝であり、沢を登って10 分程度で 下部に到着できる。ここから三段目の滝、一段目の滝が展望できる。上部滝下までたどりつくには、流芯をシャワークライミングしなければならない 。(※本格的な装備が必要)

三段の滝
三段の滝

ポットホール(日本名:鷗穴)
三原山系が形成されてから、作り出された造形美。パワースポットである。
沢を流れる水と小石でおりなすポットホール。
三原山系の東面にあり、登龍道路から2.5kmこん沢林道を進むと観ることが出来る。その数800個。日本では非常にめずらしい。
5月の晴れた午前中は光と共演で美しい。せっかく行っても立ち止まるだけで帰る人が多いのが残念。
行く前に観光協会に立ち寄り、説明を受けてから行くことをお勧めする。

ポットホール(甌穴)
ポットホール(甌穴)

大ノ川・下流
ポットホールの流れを集めた川で、水量も多く、太平洋に注ぐまで高さ10m程の滝が14本ある。
滝を越えた水は太平洋に注がれるが、河口は木がなく展望のきく、きれいな水はそのまま最後の滝を落下し太平洋に入る。

大ノ川・下流
大ノ川・下流

唐滝
発見されている滝としては36mで最大ある。
ハイキングコースになっている林道を55分ほど歩いて到着できる。お勧めは晴れている日の午後、分厚い苔の絨毯に虹がかると美しさが倍増する。

唐滝
唐滝

八丈島の観光情報、ガイドのご相談は「八丈島観光協会」Webサイトから。

1953年1月生まれ。
東京都内でサラリーマンをしながら登山を趣味とし、縦走を初めとし、だんだん深みにはまり夏は沢登り、クライミング。冬は登山。山スキーとオールシーズンを経験。
退職後は今後どうしたら楽しい人生を遅れるかを考えた時、趣味を生かす事が楽しいのでは。それには体力的にも八丈島の自然が最良と考えガイド業をはじめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です