皆さん、「陣馬形山キャンプ場」は知っていますか?

長野県上伊那郡中川村にあるキャンプ場で、「天空のキャンプ場」としてSNSや雑誌で話題になっており、最近ですと先日二期が発表されたアニメ「ゆるキャン△」にも出てきたキャンプ場なんです!

この記事では、この「陣馬形山キャンプ場」に実際に行ってみて、おすすめだと感じたポイントと注意した方が良いポイントについて紹介したいと思います!

陣馬形山キャンプ場おすすめポイント①景色がすごい!

見てくださいこの景色!

これだけでここに来た甲斐があったといっても過言ではありません。

伊那の街を見下ろし、雲の向こうにはアルプスの山々が控えているという贅沢すぎる眺めです。

しかもこのキャンプ場、無料なんです。こんなに眺望の良いキャンプ場、普通ならソロテント張るだけで2000円くらいとられます。

ボケ気味の写真で申し訳ありません。

ここ、昼間だけでなく夜景もすごいんです。

両手をいっぱいに広げても足りないくらいに、光の河が点在しています。

夜景撮影を好む人たちの間では人気スポットとなっているようです。

陣馬形山キャンプ場おすすめポイント②地面が柔らかく無料キャンプ場初心者向き

この写真を見て、何の変哲もない地面だなって思いませんでしたか? とんでもない!

ここ、陣馬形山キャンプ場のテントサイトの地面の質は、今まで訪問してきた無料キャンプ場の中でもトップクラスに良いです。

まず、平らです。一部に傾斜がないわけでもありませんが、テントサイトの8割以上が平地です。おまけに石も全然転がってないので、地面が柔らかくて寝心地が銀マットだけでも耐えられる程度ですし、ペグの刺さりも大変良いです。

無料キャンプ場は基本的に整備されていません。私は無料キャンプ場や格安キャンプ場を好んで利用して日本各地を周っているので、このあたりのことはよく知っています。キャンプ場と銘打っているものの、草も生えっぱなしで落石だらけなんてことはざらにあります。地面がボコボコすぎてマットすら敷けず、テント設営の前にまず整地から始めるなんてよくあることです。

陣馬形山キャンプ場のこの綺麗さは正直目を疑いました。「ここほんまに無料でええんか?」とつぶやきました。地面の質的には、有名キャンプ場でいうとふもとっぱらに近いものがあります。それくらいコンディションが良いです。

陣馬形山キャンプ場の注意点①人気キャンプ場ゆえに人が多い

これはこのキャンプ場が素晴らしすぎるゆえに仕方ないことなのですが……とにかく人が多いです。

この写真は9月の三連休の日に撮ったものです。

ボットン便所と手洗い場しかないような低規格キャンプ場にも関わらず、コールマンのタフドームやらスノーピークのアメニティドームあたりを建てて、ファミリーキャンプを楽しんでいる人もかなりいました。基本的にパーソナルスペースというものはここではないと思ってください。

11月頃から凍結対策のために水道が使えなくなるため、ファミリーが少なくなる傾向にあります。できれば静かな環境で楽しみたい方はそれくらいの時期をおすすめします。

陣馬形山キャンプ場の注意点②周辺施設が貧弱

ここに来るまでに買い物は絶対済ませておきましょう。ここの水道は飲めないので、飲料水は絶対に買っておいてください。忘れると泣くはめになります。私はうっかり水を買い忘れて、「最寄りのコンビニまで片道30分以上かあ……」とため息をつきながらバイクで走りました。

立ち寄り温泉の類も駒ヶ根市内まで出ないとほぼないと思った方が良いです。

コンビニはない代わりに、バイクで15分圏内にちょっと面白そうなスポットを見つけました。今度行ったときに立ち寄ってみる予定です。

<陣馬形山キャンプ場は無料キャンプ場としては最高すぎるキャンプ場だった>

陣馬形山キャンプ場を語るうえで欠かせないのは何と言っても抜群の景色です。泊まらなくてもいいので、ここだけは絶対見る価値があります。写真で見るのと実際に見るのでは迫力が違います。

買い出しスポットがないところ、土日の夏~晩秋までは人が多いというマイナスポイントはありますが、なかなかここまでのパノラマを楽しめる場所は有料キャンプ場であってもなかなかありません。

次のキャンプ場の候補としてぜひ検討してみてください。

コメントを残す