樹齢約3千年の紀元杉。
「屋久島といえば縄文杉だけど、一日に22キロを10時間かけて歩くのはとても無理!」
「もっと手軽に歩けて、屋久島の自然を満喫したい!」
という方におすすめなエコツアーを企画しました。2日間かけて屋久島の観光スポットをまるごと満喫できるコーススケジュールにしています。

1日目 白谷雲水峡トレッキング~島周遊エコツアー

屋久島公認ガイドにおまかせツアーなので、あれやこれやといろいろ調べなくても2日間で屋久島観光スポットを効率よく満喫できるエコツアーです。

午前中は白谷雲水峡トレッキング

宿を出発 8:30(宮之浦地区の宿を想定)→白谷雲水峡駐車場に到着 9:00
トイレ休憩、準備体操をした後、白谷雲水峡~二代大杉まで往復のコースを約1時間30分ほどゆっくり歩きます。

二代大杉到着
初代の杉はおよそ2千年ぐらいはありそうな大きさです。その初代の屋久杉が自然に折れて、新たに更新している杉がこの2代目の杉になります。屋久島公認ガイドの詳しい解説を聞きながら歩くと、いろんな不思議がわかり楽しくなってきます。

沢の水が美味しいです!
屋久島の沢の水はどこでも飲めますので、空のペットボトルがあると便利ですね。是非、屋久島の超軟水の水を飲んでみてください。スーッと体に沁みていくのがわかります。

午後からは島周遊エコツアー

白谷雲水峡下山 10:30→一湊の海 11:00
ここでちょっと深呼吸。蒼い海がきれいですね。

絶景ポイントでは車を止めて、写真撮影。島に来たなぁ~って感じですよね!

いなか浜到着11:30

アカウミガメが4~6月に産卵しに上陸してくる砂浜です。1シーズンでなんと1000頭以上のアカウミガメが上陸してきます。靴を脱いで足を海につけるとデトックスにもなって気持ちいいですよ!

横河渓谷で昼食

横河渓谷到着 12:00~
ここでお昼のお弁当タイム!足をつけたり、夏でしたら泳いでもOKです!水が本当にきれいなんですよね~

野生のヤクシカ、ヤクシカに逢える照葉樹林へ

西部林道到着 14:00
屋久島の中でも唯一、海岸線沿いから世界自然遺産地域に入っている照葉樹林です。亜熱帯から冷温帯までの植生が、海抜0mから約2千mの宮之浦岳まで垂直分布している屋久島。

アコウの巨木
西部林道の森の中を少し歩いてみると、ガジュマルやオオタニワタリなどの亜熱帯植物をたくさん観察できます。日本では屋久島が亜熱帯の北限になります。

ヤクシマザル
西部林道の森ではヤクザルの群れに出会うことが多いです。本土の猿と比べると、小柄で毛が長いのが特徴です。特に子ザルの毛が黒いのが、本土のニホンザルと大きく違うところです。

ヤクシマシカ
日本の鹿の中では一番小さい種類になるヤクシカ。猿も鹿もこの照葉樹林に一番多く生息しています。

大川の滝到着 14:40

落差88mある滝で、目の前まで行けるので大迫力です!水しぶきを浴びるとまさに気分爽快!ここでもゆっくり深呼吸すると、リフレッシュできます。この後は、ポンタン館によってトイレ休憩~お土産ショッピングタイムをして、宿に到着が16:00頃になります。

2日目 屋久杉の巨木〜ヤクスギランド

宿を8:00に出発して、紀元杉に到着が10:00
推定樹齢3千年の屋久杉です。標高約1300m付近まで車で行きますので、そんなに歩かずに屋久杉の巨木に逢うことができます。

屋久杉の巨木を体感!

あまり知られていない名も無き屋久杉の巨木。屋久島公認ガイドがご案内いたします。

ヤクスギランドの沢で昼食

ヤクスギランド到着11:30
お弁当を持って屋久杉ランドトレッキングツアー。50分コースをゆっくり歩きます。

沢に到着12:00
お昼のお弁当タイム!屋久島のおいしい水で淹れたコーヒーはちょっと贅沢ですね。

沢のせせらぎを聞きながら、ゆっくりとした森の時間を堪能してください。

千尋の滝 到着 15:00頃

最後に水の島、屋久島を体感。大迫力です!この後、トイレ休憩~お土産ショッピング~宿到着が16:00頃になります。
海、滝、川、屋久杉、苔、山、森、動物。。。。
屋久島の大自然を知り尽くした屋久島公認ガイドが、2日間かけて屋久島の絶景ポイントをご案内いたします。

コーススケジュールや持ち物の詳細はこちら
http://www.relaxin-yaku.com/tours/marugotoeco2.html

※ 宿によりコーススケジュールが変わりますが、行くところは同じになります。
※ 屋久島に到着する時間が午前中の方、または、屋久島を出発する日が夕方の方も屋久島まるごとエコツアーに参加できますので、ご相談ください。
※ 10名以上の団体の方は団体割引がございますので、一度ご相談ください。

記事出典:http://www.relaxin-yaku.com/wp/archives/24425.html

コメントを残す