前回の記事「大自然のダンジョン~洞窟に行ってみよう!~」に引き続き、今回は「ケイビング」編です。

ケイビングとは自然のまま(またはそれに近い状態)の洞窟内をヘッドランプなどの照明を頼りに探索を楽しむアウトドアです。

前記事の「観光として洞窟内を周遊する」に対し、今回は「実際に諸々の装備を身につけて自然の洞窟に入る」といった内容です。

ケイビングを体験してきました

前回のあぶくま洞の近く、福島県田村市「入水鍾乳洞(いりみずしょうにゅうどう)に行ってきました。こちらはコースによっては案内人が付き、初心者も安心してケイビングを楽しめるいわゆるケイビングスポットです。

未経験の状態で完全に自然のままの洞窟に入るのは危険が伴います。まずはケイビングとはどういうものなのかを知るためにコースやルートが確立されているケイビングスポットで感じをつかんでみようということで体験してきました。

記事後半では当日の服装・装備についても書いていますので、そちらもご覧ください。ちなみに、私が行った日は夏休み期間中だったということもあり家族連れの小学生くらいの子供達でにぎわっていました。

入水鍾乳洞の出入口

自然の洞窟の姿を目の当たりにする

ヘッドランプの灯りを頼りに進む

入水鍾乳洞の案内によると途中から先は「ほとんど手が加えられていない」洞窟です。試しにヘッドランプを消してみると完全な暗闇で何も見えず、水が流れる音が聞こえるだけといった状況です。

場所によっては膝まで水に浸って進み、また別の場所では天井が低く四つん這いになってくぐり抜けて…濡れた岩にしがみつき乗り越えて、と水に濡れるシーンが多かったです。

手つかず洞窟内


気がつけば体はびしょ濡れでした。しかし、体が濡れたことで冒険心に火がついたのか夢中になって先へ先へと進んでいくのが最高に楽しい時間でした。

服が濡れてしまえば諦めがつくもので、一気に楽しくなりました。

美しい洞窟の景色

あぶくま洞と同じく鍾乳石の織りなす自然の美しさがあります。鍾乳石の見た目はヌルヌル・ツルツルしそうですが、実際に触ってみると意外にもザラザラ・ゴツゴツです。

美しい鍾乳石

SF映画「エイリアン2」にあったエイリアンの巣さながら、自然が作り出したとは思えないような景色です。美しい鍾乳石の景色を見つつ、手で触りながら洞窟を奥へ奥へと進んでいきます。

「これがケイビングか~」と全身で感じました。

生き物の巣のような鍾乳石

過酷な環境を体で感じる

水は想像以上に冷たい

自然の洞窟には厳しい一面もあります。水の流れが岩を侵食し洞窟ができます。水が流れて道ができるので、当然ルートは水が流れている部分がほとんどです。

私の足元の装備は靴下スニーカーで、濡れても大丈夫な装備です。この日の水温は6℃でしたが、冷たさは想像以上でまるで突き刺さるようでした。

開始してから5分くらいがとてもつらくギブアップしそうになりましたが、その後足の感覚が麻痺して(!)冷たさに慣れました。しかし、足だけが濡れるわけではありません。

険しい洞窟の内部
濡れた体が冷える

上記で触れたように四つん這いになる、濡れた岩をよじ登る、そのほか天井から水滴がしたたってくるなどで足の感覚を麻痺させる程の冷たい水に全身が濡れます。

洞内の気温は約15℃ですが、濡れた体にこの気温はかなり寒く感じます。手はかじかみ、唇も紫色になっていました。「体が濡れた状態で気温が15℃」という環境はなかなか過酷で、長時間このような状態でいることはできないと感じました。

約1時間の体験でしたが洞窟を出て着替えを済ませると、どっと疲れを感じます。プールでの水泳が終わった時のような体の重さでぐったりでした。夢中になっていて気づきませんでしたが、体は必死だったのだと思います。

今回はコースの長さや時間が読めるので安心でしたが、これがケイビングスポットでない自然の洞窟だったと考えると少し怖いですね。本来は周到な下調べと準備が必要です。

服装・装備について

今回の体験での私の服装・装備は以下の通りです。参考にご覧ください。

  • ヘルメット(レンタル)
  • ヘッドランプ(レンタル)
  • 長袖のシャツ
  • ハーフパンツ
  • 膝あてパッド(レンタル)
  • 靴下とスニーカー
  • マスク(感染予防のため)

洞窟の入口前にある更衣室ロッカーに入れたもの

  • シャツ・ズボン・下着・靴下の着替え
  • タオル
  • 替えのスニーカー
  • サイフ

係員さんに「洞内での貴重品の落し物は全て自己責任です」と言われました。特にスマホを持ち込む場合は防水のケースに入れる、ストラップを使い身につけるなどの工夫が必要です。いざという時のためになるべく両手はフリーな状態がいいと思います。

私は下調べとして「入水鍾乳洞」の公式サイトを参考にして服装・装備・持ち物を準備しました。

まとめ

今回は福島県田村市「入水鍾乳洞」に行きケイビングを体験したことを記事に書きましたが、いかがでしたでしょうか。

前回の洞窟を観光する記事とはまったく違うもう一つの洞窟の楽しみ方を紹介しました。実際にケイビングに行く際はとにかく情報を集めて事前に準備し万全を期す、これが一番大事だと思います。

未経験の場合はケイビングスポットを選択すると準備するものも少なく、安全に体験できるので夏の思い出やアウトドアとしてもオススメです。

ガイドさんに直接ケイビングの醍醐味や洞窟の話を聞くこともできますので、さらに興味が沸くかもしれません。洞窟という大自然に触れるきっかけとしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す