15年ぶりのハワイは私にとって4回目、妻にとっては5回目。今までとは違う旅行にしたいと思い、妻と一緒に計画を練り始めました。

旅のコンセプトは二つ。一つはできるだけ身軽に行くこと。荷物は機内持ち込み分だけ。島内の移動は路線バス。宿はAirbnb。

もう一つは、トレッキング。ハワイというとビーチやショッピングのイメージが強かったのですが、それぞれ特徴のあるいくつものトレッキングコースがあることに気が付きました。

そこで今回はオアフ島にある、ラニカイ・ピルボックス、マカプウ岬、ダイヤモンドヘッドの3カ所を訪れることにしました。写真とともにご紹介しますのでハワイトレッキングの魅力をお楽しみください。前編はオアフ島東海岸の街カイルアを起点にラニカイ・ピルボックス、マカプウ岬を巡ります。後編ではダイヤモンドヘッドにご案内します。

ホノルルからカイルアへ

ホノルル空港からバスを乗り継いでオアフ島東海岸にあるカイルアに向かいます。ここはワイキキとは違うローカルな雰囲気の街です。カイルアビーチ、ラニカイビーチという全米ナンバーワンに選ばれたことのある二つのビーチが並んでいます。カイルア滞在中にラニカイ・ピルボックスとマカプウ岬のトレッキングに行く予定です。

カイルアの街中
カイルアの街中で見つけた案内板

ラニカイ・ピルボックスへ向かう

トレッキングの日の朝、青空が見えたのでホッとしました。期待を胸にバスでトレッキングコースに近いラニカイを目指します。目指すピルボックスとは、戦時中のトーチカ、つまり陣地のこと。敵を見張る目的があったので見晴らしの良いところに立てられています。

形が薬箱に似ているということでピルボックスと呼ばれるようになったとか。オアフ島に何カ所かあるそうですが、ラニカイ・ピルボックスはその中でも人気の高いところです。

ラニカイ・モニュメント
「ラニカイ・モニュメント」と言うそうです

ここから地図を頼りに住宅街を抜け…

正面に見えるのがトレッキングコース
写真の正面に見えているのがこれから行くトレッキングコース。頂上に四角い建物が見える。実はこの時はコースを見渡せていることに気づいていなかった。

こちらがトレッキングコース入口。

南国らしいピルボックスの案内板
何とも南国らしい…この案内板

片道45分ほどと短めですが、ルートは整備されておらず、勾配があり滑りやすいところもあります。しかもハワイの強い日差しが照りつけてくるので、周りを見ると結構参っている人もいました。でも美しいラニカイの景色を見ながら登るので気分は爽快です。

ラニカイの真っ青な海

目的地のピルボックスが見えてきました。これが戦争中使われていたんですね。

前方にピルボック
ピルボックスはもうすぐ。人が乗ってますね。確かに見晴らしが良さそう。

でも今は平和でステキなスポットになっています。

ピルボックスから見るラニカイの街
ピルボックスから見るラニカイの街、モクヌイとモクイキという島
海をバックに記念写真
ピルボックスの上に腰かけています。記念に写してもらいました。

順番を待って次の写真を撮りました。撮り終わったら次の人にバトンタッチ。

真っ青な空と海
この写真が撮りたかった!

今回はここで戻りましたが、この少し先にもう一つピルボックスがあるので、次回は足を延ばしてみたいです。せっかくラニカイに来たのでビーチで遊んでいきました。

大人気のラニカイビーチ
全米ナンバーワンに選ばれたことのあるラニカイビーチ

マカプウ岬を歩く

次の日はオアフ島の東端に位置するマカプウ岬が目的地。カイルアからバスに乗り、オアフ島東海岸のローカルな景色を見ながら終点のシーライフパーク(体験型マリンパーク)へ行きます。ここからトレッキングコースの入口までは車が行き交う道路を20分ほど歩きます。

KAIWIの看板
この看板の脇からトレッキングコースに入ります

マカプウ岬のコースはきれいに舗装されていて、ゆるやかな坂を歩いていきます。中にはベビーカーを押している人も。ただ日差しは強いですよ!

マカプウ岬に続く舗装された道路
ベビーカーを押して歩けるくらい、コースは整えられています。

コースからは何にも遮られずに海が見えますし、季節によってはホエールウォッチングができます。コースの終点にある展望台まで行くと、マカプウ岬の灯台や、オアフ島東海岸、遠くにはラニカイ沖の島も望むことができます。

オアフ島最東端の岬と灯台
オアフ島最東端の岬と灯台
海に浮かぶラビットアイランドとタートルアイランド
遠くまで続くオアフ島東海岸、右はラビットアイランドとタートルアイランド。

コース途中に分岐があり、展望台から見えた灯台の近くまで行くことができます。

オアフ島最東端で記念撮影
オアフ島最東端です。

帰りに岬の隣にある静かなマカプウビーチにも立ち寄ってみました。ラビットアイランドが目の前です。とてもゆっくりと時間が流れていきます。

静けさ漂うマカプウビーチ
マカプウビーチとラビットアイランド

カイルアを起点にオアフ島東海岸の二つのトレッキングコースを巡り、ビーチから見るのとは違ったハワイを味わうことができました。それにしてもハワイって本当に自然が豊かですね。しかも海も山も近いので、手軽に両方のアクティビティを楽しむことができます。

後編では、ハワイのシンボル的存在でもあるダイヤモンドヘッドをご案内します。(後編へ続く)

コメントを残す