都会の喧騒から離れ、登山やハイキングなどのアウトドアに出かける。日中の活動で心地よい疲れをおぼえ、夜はテントでゆっくりと体を休める。さあー、今晩はぐっすり眠るぞ!と思ったのに、木の葉がカサカサ、蛾がパタパタ、木の枝が地面にボトッ。ありとあらゆるところからさまざまな音が聞こえ、あーなんだか眠れない。眠らなきゃと焦れば焦るほど、心地よい眠りはさらに遠のいてゆく…。

普段は家でぐっすり眠れるあなたも、こんな風に屋外で寝るとなると、いつもと違う環境に戸惑い眠れなくなる人もいます。今回は、アウトドアでも快適な睡眠をとるためのヒントをBackpackerの記事からご紹介しましょう。

pexels-photo-12057

1日の活動計画を立てよう

1日中、野山のなかを歩いたり走ったりすれば体には疲労が蓄積します。その疲れを癒すには、何といっても睡眠が一番なのです。成人の場合、最低でも1日に7時間半から8時間の睡眠が必要だと言われています。

おおよその目安となりますが、体を休めたい(=眠りたい)時間とほぼ同じ時間だけ活動するように1日の予定を立てると良いそうです。たとえば9時間睡眠を目指すとしましょう。その場合、少なくとも7~8時間は野山のなかで活動します。もちろん休憩もとりながら、無理のない範囲で構いません。そして、寝る数時間前には活動するのをやめ、体や心を落ち着かせてから眠る体制に入れるように1日の計画を練りましょう。

camping-984094_1280

夕食には炭水化物を摂ろう

食後に眠くなるという経験、誰もがお持ちですよね?これは炭水化物の摂取が影響しています。消化する段階で血糖値に変動が起こり、これが眠気を引き起こすのです。これをアウトドアでもうまく活用して、夕食時に炭水化物を摂れば自然と夜には眠くなるはずなのです。

しかも、炭水化物には激しい運動や長時間の運動で使い果たされたグリコーゲン(=エネルギー源)を補給する役割も期待できますので、麺や米、パスタなどを夕食に取り入れるようにしましょう。また、炭水化物と一緒にたんぱく質も摂れば、筋肉の回復も促してくれます。
(くれぐれも、エネルギーを消費する登山やハイキングの後に、炭水化物抜きダイエットを実行しようなんて思わないでくださいね!)

Self-inflating_mat

寝具にはそこそこお金をかけよう

体を横たえた時に心地よさを感じないマットはおススメしません。地面に敷いても体が痛くないほどの厚みと十分な長さ、そして天候にあった暖かさのあるものを選びましょう。寝具代はケチっちゃだめです!そして、より良い睡眠のためには、折り畳みのできる枕も持っていくとなお良いかもしれません。

記事のなかでは、上記以外にも汚れた服のまま眠らない、耳栓を持参する、睡眠を阻害すると言われているタバコを控える、などのアドバイスが紹介されていました。

「自然のなか=静寂」を想像する人もいるかもしれませんが、自然界にも声や音を発する生き物がたくさん住んでいます。何よりそういった生き物の声を聞くのも、アウトドアの楽しみのうちの1つですよね。快適な睡眠のためのヒントを頭に入れつつ、生物の息吹を感じに野山に出かけてみませんか?

《参考URL》
How to Beat Backcountry Insomnia|BACKPACKER
Aleks Conrad(意訳:菊地薫)

コメントを残す