テレワークの導入で、出勤する必要はなくなったけれど、かわりに家から出ることも減ってしまった人は多いのではないでしょうか。

もテレワークになったうちの一人ですが、部屋にこもりがちになってしまい、ふさぎ込むようになりました。このままではダメだと思い解決策を探したところ、出会ったのがワーケーションという概念です。

そこで今回はワーケーションのメリットと、なかなかリゾート地などには行けないよ、という方のために、近所でプチワーケーションを気軽に体験する方法をお伝えします。

ワーケーションとは

ワーケーションは、ワーク(Work)とバケーション(Vacation)を組み合わせた造語です。リゾート地や地方などの快適なロケーションで仕事し、心身ともに健康を目指します。近年、少しずつ導入する企業が増えています。

ワーケーションはメリットがいっぱい!

ワーケーションにはメリットがたくさんあるんです。ここではいくつかのメリットを紹介していきます。

  1. 仕事の効率が大幅にアップ!

    ワーケーションの実施中は、なんと生産性が20%も向上することがわかっています。私も自宅を離れ、自然の中で非日常感を味わいながら作業する方が集中力の高まりを感じます。在宅勤務に疲れて仕事がはかどらない方には、ワーケーションはおすすめですね。
  1. 運動量がふえて健康的な生活が送れる!

    ワーケーションでは外に出る機会が増え、それにより運動量がふえて健康的な生活を送ることができます。私は作業をするために近所の川へ徒歩で向かいますが、休憩中も自然のなかを散策するので、1日に1時間ほど歩きます。

    今まではダラダラと夜を過ごしていたのですが、運動量が増えたことで心地よい疲労感とともに早く就寝できるようになりました。在宅勤務でこもりがちになった方も多いと思いますので、ワーケーションを機に健康的な生活を送ってみませんか。
  1. ストレスが減少する!

    ワーケーションで仕事のストレスが37%減少することが分かっています。快適なロケーションや自然豊かな環境で仕事をすることで、ストレスを軽減させることができます。私も自然豊かな環境で作業をすることが多いのですが、以前に比べて心に余裕が生まれ仕事がはかどるようになりました。仕事でストレスを抱えている方にもワーケーションはおすすめです。

近所でワーケーションを疑似体験!

皆さんの家の近くに川や海、森や自然豊かな公園などはありませんか?そういった場所で仕事を行うこともワーケーション疑似体験になります。普段の仕事場とは違う、自然豊かな空間を活用するとさまざまな発見がありますよ。

私は必要最低限の荷物だけもって、近所の川に行き1人もくもくと作業しています。川のせせらぎを聞き、風や日差しを感じながらの作業は心が安らぎます。さらに、休憩中はすぐそばの緑に視線を向けるだけで癒やしを与えてくれます。時折り川辺を散歩すると、ちょっとしたVacation気分も味わえますよ。

遠くに移動できないという方でも、近所にある自然でプチワーケーションを体感し、癒やしを得ることができるのです。また、何か不測の事態が起きてもすぐ家に戻れるので安心ですよね。

まとめ

今回はワーケーションのメリットと、気軽に体験する方法を紹介しました。自然の中で行うワーケーションは、集中力がアップするだけでなく、心に癒やしを与えてくれます。テレワークで心身ともにすり減っている方は、一度自然のなかに身を置いてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

(参考記事)
ワーケーションは従業員の生産性と心身の健康の向上に寄与する ワーケーションの効果検証を目的とした実証実験を実施
JTB総合研究所

Natures.編集部より

Nature Serviceは自然と融合した法人向けレンタルオフィススペース、信濃町ノマドワークセンターを運営しています。30人強を収容できるワークスペースを有し、近年大きな注目を集めているリモートワークやワーケーションを実践できる施設です。また、起業家や経営者の方々が落ち着いて働けるように、1~3人程度の少人数でご利用できるエグゼクティブ向けのワークスペースもご用意しております。さらに、ノマドワークセンターのある敷地内にはやすらぎの森オートキャンプ場が併設されています。ワーケーションのなかにキャンプを取り入れ、ぜひ、皆さまには新しい働き方の1つとしてご利用していただけることを願っております。都会と変わらない作業やネット会議を行いながら、時折施設周辺を散歩し、木々や葉っぱの擦れる音、鳥たちの鳴く声に耳を傾け、生産性や創造性などの知的労働生産性の高まりを肌で感じ取ってみてはいかがでしょうか。

信濃町ノマドワークセンター

コメントを残す