3Dプリンティング技術で世界のリーディング・カンパニーとして活躍するStratasys Ltd.。(以下、「ストラタシス」)2021年10月、日本法人であるストラタシス・ジャパンの社員の皆さまが、Nature Serviceが企画運営する信濃町ノマドワークセンター(長野県)でワーケーションを実施しました。

今回、北アジア統括人事本部長の斉藤様にあらためてインタビューに応じていただき、人事課題の認識からワーケーションを検討し実行に移すまでの過程と、実際に体験して感じた必要性と有効性について語っていただきました。

全5回シリーズの第1回目は、「なぜワーケーションの導入を考えたのか」そして「何をワーケーションに求めていたのか」という点を中心にご紹介します。

株式会社ストラタシス・ジャパン
アジアパシフィックジャパン
北アジア統括人事本部長
グローバルHRビジネスパートナー
斉藤 良美 様
ワーケーションを検討するに至ったきっかけは何でしたか?

リモートワークのさらに先の働き方を見据え始めたのがきっかけです。

弊社がリモートワークを制度化したのは2019年10月で、新型コロナウイルスの影響が出始める以前のことでした。当初は、自宅で仕事ができるわけないという反対意見の大合唱で利用率は2割にも満たなかったのです。ところが、その後コロナが蔓延し結果的にリモートワークを後押しされる形となり、現在はほぼ100%に近い形でリモートワークを行っています。

他社に先んじてリモートワークを導入していたこともあり、社員同士が対面で話す機会がなくなり2年になろうとしていました。リモートワークの次のステージへ進む時期だと思案し始め、社員のストレス軽減とともに、変化への対応力と柔軟性を養い、創造性・生産性の向上を図るためにワーケーションを検討するに至りました。

ワーケーションを検討したきっかけ
「リモートワークの次のステージ」とは、具体的にどのようなお考えを根底にお持ちだったのでしょうか?

「働き方の変化への対応」と「ビジネスの継続」、この2つを実行しつつも、それとは別に何か新しい価値の提供を会社として社員にできないか、そして社員自らが新しい発見をするきっかけ作りができないか、というアイデアを持っていました。

さらにこのアイデアをもとに、3つのコンセプトを考えました。

  1. 癒やし
  2. 新しい体験
  3. 都心から離れた場所(=非日常体験)

そして、これらのアイデアとコンセプトを満たす可能性を持つワーケーションを求め、日本全国のリモートワーク施設のリサーチを開始したのです。(第2回へ続く)

信濃町ノマドワークセンター