アメリカやカナダで愛されているキャンプの定番スイーツ「スモア」。キャンプでスイーツ!?と思う人もいるかもしれませんが、「簡単なのに甘くておいしい」とキャンプでは大人気なんです!

今回は、今年のキャンプでぜひ作って欲しい「スモア」をご紹介しましょう。

スモアってなあに?

まずはスモアの名前の由来から。作るたびに「Some more!」(もっとちょうだい!)とおねだりされるほど大人気で、いつの間にやら「Some more!」が「S’more」と短縮されて「スモア」と呼ばれるようになったとか。アメリカやカナダのスモア人気は絶大で、毎年8月10日をNational S’mores Day(スモアの日)として各地でイベントを開催するほどなんです!

ここまでキャンプスイーツとして定着しているスモアですが、実は誰が最初に作り始めたのかはわかっていないそうです。ただ、1927年のガールスカウトのハンドブックにはその作り方が記されており、そこを起源とする見方が多いようです。

それでは早速スモアの作り方に移りましょう。

スモアの作り方

準備する材料はマシュマロ・グラハムクラッカー・板チョコの3つだけ。マシュマロを小枝に刺して、トロっとするまで火であぶり、焦げ目がついたらグラハムクラッカーの間にチョコレートと一緒にムギュっと挟む。マシュマロの熱でチョコレートもほどよく溶け、とろとろ熱々のあま~いスイーツがあっという間に完成です!基本的な作り方は下記動画を見ていただくと、とても分かりやすいと思いますよ。

いかがでしたか?とってもおいしそうですよね。動画のなかでもご紹介していましたが、電子レンジを利用してご自宅で作ることも可能です。とはいえ、スモアはキャンプファイヤーなどをしながら野外で作る方が楽しいですよね。それに、屋外ならば溶けたチョコレートやマシュマロが下に落ちても気になりませんし、何よりキャンプやキャンプファイヤーの雰囲気とともに食べるスモアがやっぱり一番!

スモアパーティーなんてものも!

種類の違うグラハムクッキー、マシュマロやチョコレート、さらにはキャラメルやピーナッツバターソースなども追加して「スモア・パーティー」を開催!こちらの映像も良かったら参考にしてくださいね。

What’s Cooking Americaによると、スモアに正しい作り方というのは存在していないそうで、この動画のように自分が好きな材料をプラスしてみるのも楽しいかもしれませんね。アメリカやカナダではキャンプを通してスモアのレシピが親から子へと受け継がれていくそうですよ。

そして最後は、Nature Serviceで作成した「マシュマロ焼き方講座」の動画で締めくくりたいと思います。スモアを作る際にポイントとなるマシュマロの焼き加減を解説していますので、キャンプファイヤーの雰囲気を感じながらこちらの動画も楽しんでいただければと思います!

今年の夏はキャンプファイアーをしながらスモアを作ってみてはいかがでしょうか?

《参考URL》
Smores Recipe – How To Make Smores|What’s Cooking America
(意訳:菊地薫)

yasuragibanner

NATURES. 編集部 キュレーター
花と野菜に囲まれて生活しています。休日はスコップ片手に土と戯れ、草花を愛でながらリフレッシュしています。いつしか豪華客船に乗り込み、毎日海を眺めながら世界各地を旅行するのが夢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です