あー、しあわせだー!と長期間感じ続けたい!?
それならば、旅やアウトドアにどんどん出かけましょう!

形の残る”モノ”こそが、人を幸せにすると考えられていた時代もありましたが、コーネル大学心理学教授、トーマス・ギロビッチ博士リサーチによると、人により長く幸福感をもたらしてくれるのは、”モノ”ではなく、旅行やアウトドア活動などから得られる”経験”なんだそうです。

gadgets-336635_1280 (1)

何か欲しいモノを買った時、人は幸せだな~と感じます。特に購入当初は興奮して、嬉しさでいっぱいになりますよね。しかし、その気持ちは次第に薄れてゆきます。テレビを例に出すと、買ったばかりの時は新品のテレビで番組を見るたびに喜びを感じますよね。ですが、次第に目の前に新しいテレビが置かれていることにも、新しいテレビで番組を見られることにも人は慣れてしまいます。

このように、モノを購入した当初に感じる幸福感というのは、時間の経過とともに薄れてゆきます。なぜ薄れるのか。博士によると、それは人間に適応能力があるからなのだそうです。何か新しいモノが置かれている環境や利用できる状況に人は適応してしまい、幸せだな~という気持ちがなくなってしまうのです。確かに、自分が1年ほど前に購入したモノをあらためて眺めてみると、買ったばかりの時に感じた幸福感が今ではほとんどなくなっているのに気が付きます。

hikers-going-camping

一方、旅行やアウトドア活動、料理教室への参加、美術館巡りなどの経験や体験は、その人の一部となって長期的に幸福感をもたらし、さらには人とのつながりを広げ、結果的に人を幸せするということがギロビッチ博士の長年にわたるリサーチから分かっているそうなのです。自身の経験に当てはめてみると、たとえ十年も前の家族旅行でも、その当時のことを思い出すと自然と笑みが浮かび、幸福感が今でも心のどこかに残っているような気がします。

今回ご紹介しているリサーチ結果は、決して必要なモノまでも買わずに経験や体験に投資をしなさいと言っているわけではありません。分かりやすいところで言うと、スマホの新機種が発売されるたびに買いかえるようなことは控え、その分を旅行やアウトドアなどの経験に投資する方が幸せになれますよ、と言っているのです。

モノに投資するか、経験に投資するか、一体どちらの投資が人を幸せにするのか。これまでの自分の経験を色々と思い出してみると、このリサーチ結果、うなずける部分が結構あるのではないでしょうか。

2796977195_7d10240455_o

さあ、もうすぐクリスマスです。今年は何を買おうかな、と考えている人もいるとは思いますが、モノより経験!と考えたら、今年は思い切って旅やアウトドアに行ってみるのはいかがでしょうか。

It’s OK To Spend All Your Money On Traveling, Says Science|Huffington Post
Christine Schoenwald(意訳:菊地薫)

コメントを残す