ワーケーションを行う上で必要とされるコワーキングスペース。大都市に多く見られる「WeWork」や、自然が近くにある場所に事業展開する「Outsite」などが、コワーキングスペースとして現在も世界的に拡がりを見せ続けています。

今回は、「ワーケーション」や「ノマドワーカー」は何だかちょっと受け入れがたい……と思っていた女性のワーケーション体験談を、こちらの記事からご紹介したいと思います。

環境が変わって初めて見えるもの

初めてワーケーション体験をしたのは、イギリス在住のフリーランスの女性。ワーケーションの一体何が良いの?という意見の持ち主でした。

彼女が旅先として選んだのは、ポルトガルの首都、リスボン。リモートワーカーに人気のある都市で、首都にもかかわらず穏やかな空気が流れる街です。宿泊施設も備えているコワーキングスペースの「Outsite」(こちらの記事で紹介済み)を活用し、ちょっと贅沢な学生寮といった感じの建物は、仕事をするのにとても良い環境だと感じたようです。

異国の地でリモートワークを開始してほどなく、仕事以外のことに普段どれだけ自分が時間を費やしているのかということに気が付きました。たとえば、家事やちょっとした雑用。仕事場である自宅を離れて初めて、何かと仕事を中断せざるを得ない用事が常時自分の周囲に存在していることに気が付かされたのです。

また、仕事とは無関係なチャットや無意味なミーティングにも意外と時間が割かれていたことに気が付きました。邪魔さえ入らなければ、1日3時間も働けば十分仕事が終わるのでは!?とさえ思ったようで、これらは働く環境に変化がもたらされたからこそ感じることができたと言えそうです。

試してわかるワーケーションの良さ

とは言え、「ワーケーション」という言葉を耳にすると反射的に、「休暇をとりながら仕事もするというその中途半端な労働形態どうなのよ!?」と思う方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

記事のなかに登場する女性も、せっかくバケーションに行きながらも仕事をする友人たちにあわれみの目を向けていたこともあった、と答えています。休暇のはずなのに、そこに仕事が浸食してくるのを許してしまっているようで、ワーケーションをとる人の気持ちが理解できないと感じていました。

しかし彼女曰く、実際はその逆で、「休暇という特別な体験を仕事の中に組み込んでみる」というのがワーケーションであることに気が付いたそうです。旅に出かけて仕事を取り巻く環境が変化するなかから刺激を受け、そこで見聞きすることや人との出会いが新たな仕事のアイディアにつながる、そこにワーケーションの良さを感じ取ったと言います。

実際に体験してみなければ、ワーケーションの本当の良さに気が付くことはなかったということなのでしょうね。

家族でワーケーションは可能?

さて、今回ご紹介したこの女性は一人でワーケーションに行きました。しかし、自分以外の誰か、たとえば家族を伴って行く可能性も十分にあり得ます。記事ではその点についても言及していましたので、少しだけ触れておきます。

実際に幼い子どもを含めた家族でワーケーションを1か月ほど実行したという、女性の知人の話が載っていましたが、一人で行くのと他に誰かいるのとでは状況がまったく異なる、ということでした。

しかし、旅に出かけて新しい体験をするのに素晴らしい方法の一つであることに変わりはなく、家族連れのワーケーションも決して不可能ではないという判断だったようです。ただし、すべての人が実行可能だとは言いませんし、計画は慎重に立てるべきとの意見でした。

この記事の女性がかつてそうだったように、ワーケーションには賛同できないという意見を持つ方もいるとは思います。ですが、(可能であれば)実際に行動に移すことで、効率よく仕事が進む、集中できる、刺激を受け創造性が豊かになる、といった良さに気付くこともあります。

旅に対する人の好みは千差万別ですが、歴史情緒あふれる街並み、空気の澄んだ森や山の中、もしくは波打ち際の音が聴こえる海辺など、自身の好きな場所で仕事ができることを想像し、いつかはワーケーションを実行に移したい!という気持ちを持つことも大切かもしれませんね。

2019年には、Nature Serviceの「ノマドワークセンター」(長野県)が豊かな自然のなかに完成します。さまざまな視点から働き方や休暇のあり方について考えるきっかけにしていただきたいと思いますので、ぜひ皆さま、足を運んでみることを検討してみてはいかがでしょうか。

《参考URL》
I Tried A ‘Working Vacation’ In Lisbon. Here’s How It Went…|REFINERY29
LAUREN BRAVO
(意訳:菊地薫)

コメントを残す