前編にてキャンプを夫婦の共通の趣味にしたあと、キャンプギアの選択や、買ったキャンプギアを身近な場所で試すことの重要性をお伝えしました。今回は「実際にキャンプ場へ足を運んでみよう」と思った時に、どのようなキャンプ場を選ぶのか、筆者の夫婦キャンプの経験を踏まえてご紹介します。

清潔感のあるキャンプ場を選ぶ

キャンプ場を選ぶ際に、どんな事に注意しているか。それは、人によって、ご夫婦によって違うと思います。筆者の夫婦キャンプでは、清潔感のあるキャンプ場を選ぶ傾向があります。具体的には、トイレが綺麗なキャンプ場を選ぶ事が多いです。

キャンプでは、飲食を伴いますので、当然ながらトイレに行く事があります。たとえ、デイキャンプでも半日以上はキャンプ場で過ごすため、トイレは当然使用しますよね。キャンプ場によっては、和式トイレであったり、簡易トイレであったりすることがあるので、そういったキャンプ場は避けるか、どうしてもそのキャンプ場でキャンプをしたい場合は、事前に家族の了承を得たほうが良いと思います。ご夫婦お互いの意見を尊重してキャンプ場を選んで下さい。

こちらはキャンプ場のロッジですが、トイレもお風呂もとても綺麗で気持ちがいいです。

キャンプ場を予約する際にしておく事

キャンプ場を予約する際には、周辺の情報を調べておく事をおすすめします。たとえば、温泉があるとか買い物ができるお店も近いといった周辺環境は調べておきましょう。それによって、キャンプに来た時の行動が決まります。設営後に温泉に入る予定を立てたり、買い物も事前に済ませるか、当日するのかを決めたり、スケジュールが決めやすくなります。

一般的に、キャンプを予定している1〜2ヶ月前にはキャンプ場の予約をインターネットや電話で申し込むことが多いです。機会があれば、宿泊予定日より前にデイキャンプをして、直接ご自身の目でキャンプ場の雰囲気や周辺環境を確認しましょう。もしくは、最初はデイキャンプでキャンプ場に行き、雰囲気が良ければ宿泊予約をするのもありだと思います。

筆者もデイキャンプを通して、自宅からキャンプ場までのルートの確認、買い物ができるお店の把握、周辺環境の確認をしてからロッジ泊の予約をしたことがあります。また、キャンプ当日の天気も調べておきましょう。大雨や大雪などの天気なら、キャンプをせずに予約をキャンセルする事があると認識しておきましょう。自然が相手ですから無理はしない事が大切です。

湖畔のキャンプ場です。景観が素晴らしくて近くに温泉もあるので大満足のキャンプ場です。
桜の季節にキャンプしました。
気温もちょうど良く桜がとてもキレイでした。

まとめ

今回は、キャンプ場の選び方や予約時に下調べをする重要性についてご紹介しました。インターネットを活用すれば情報や口コミはすぐ手に入ります。また、デイキャンプができるならご自身の目でキャンプ場を確認することができるので、そういった方法もあります。

しかし、自然が相手なので無理なキャンプはしない事、場合によってはキャンセルすることも認識しておきましょう。きちんと準備をしておけばキャンプの楽しさも増します。この記事を読んでいただいた皆様も、こういった点に注意しながらキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

やすらぎの森オートキャンプ場

コメントを残す