ちょっと家の中を見回してみてください。部屋に花を飾っていますか。

飾っていないという人は、それだけで少し損をしているかもしれません。なぜなら、花を飾ることは人の心や身体に良い影響をもたらすことが、最近の研究でわかってきているからです。

花がもたらす驚きの効果」の記事でも、花が「ストレスや不安を軽減する」「睡眠を助ける」「記憶力を向上させる」ことについて書きましたが、花の効果は他にもあります。「8 Amazing Benefits of Having Flowers in Your Home」の記事を参考に、花の持つさらなる効果をご紹介します。

1.気分を上げる

花をもらって、ぱあっと気持ちが明るくなったという経験をしたことのある女性は多いのではないでしょうか。花には人の気分を劇的に上げる効果があることが、研究で明らかになっています。

アメリカのラトガーズ大学では、エレベーターに乗る人々に無作為に花を渡すという実験を行いました。その結果、花をもらった女性からは「デュシェンヌ・スマイル」とも呼ばれる本物の笑顔が引き出され、三日後も肯定的な気持ちを持っていたことがわかりました。

「デュシェンヌ・スマイル」とは、赤ちゃんが笑っているような理想的な笑顔のこと。そんな笑顔はちょっとしたことでは出てきませんが、花はその笑顔を引き出してくれるのです。

しかも、花をもらって気分が良くなるのは女性だけではありません。先ほどの実験では、男性も花をもらうと肯定的な感情や反応が出てきたことが報告されています。

2.人間関係を良好に

花が周りにあることで、他者への思いやりのレベルが上がり、困っている人に手を差し伸べようとする傾向が高まることも研究で明らかになっています。花は人の心を癒やしますが、その優しい気持ちが実際の行動にもなって表れるというわけです。

また、花を贈る人は、他のプレゼントを贈る人に比べて、思いやりがあり感情的に知的な人だと見なされることもわかっており、花を介することで人間関係が良好になるとも考えられています。

先ほど紹介した実験を行ったラトガーズ大学のジャネット・ハビランド・ジョーンズ博士は、人間の感情について研究しています。博士によると、花は人々から肯定的な感情や反応を引き出すために進化したもので、人を笑顔にするだけでなく、友人や同僚、愛する人との関係性のあり方にも関わる強い力を持つ可能性を秘めているそうです。

3.男性の色気を上げる

最後に紹介する花の効果は、「男性の色気を上げる」というもの。

花を持って初デートに向かうという男性を最近はほとんど見かけませんが、それは間違いかもしれません。なぜなら、こんな研究結果があるからです。

フランスのある大学で、たくさんの花を生けた花瓶の前で話している男性と空の花瓶の前で話している男性のビデオを女性たちに見せたところ、花の前で話している男性の方がよりセクシーで魅力的だと評価されました。

また、別の実験では、ある魅力的な男性にショッピングモールで女性に声を掛け、電話番号を教えてもらうという、いわゆるナンパをしてもらいました。600人の女性に声を掛けたのですが、花屋の前で声を掛けたほうが成功率が10%高いという結果が得られたのです。

この結果を見ると、デートに花を持って行くという時代遅れなやり方は、実は今でも使える有効な方法なのかもしれません。

まとめ

花の持つさまざまな効果をご紹介しました。生活に花を取り入れるだけで、こんなに効果が得られるなら飾らない手はないですね。早速、一束の花を準備してみてはいかがでしょうか。恋人や家族への花のプレゼントも忘れずに。

(参考)
8 Amazing Benefits of Having Flowers in Your Home

コメントを残す