在宅勤務が増え、なんとなく身体の不調を感じてはいませんか?規則正しい生活を心掛け、適度に運動をしていても、なんだか身体が重たかったり、やる気が出なかったりするのは日照不足が原因かもしれません。

「適度に日光を浴びることは健康を保つうえで重要である」と科学的にも証明されており、日照不足は体調不良を引き起こす要因となります。在宅勤務による日照不足を解消し、心身ともに充実した日々を送りましょう。

テレワーク中の人

日照不足で骨や歯がもろくなる

日照不足で懸念される健康への影響の1つ目は「骨や歯がもろくなること」です。骨や歯の原料として欠かせないカルシウムはビタミンDの力を借りて体内への吸収を高めます。ビタミンDは食品からも摂取できますが、紫外線を浴びることにより体内で合成されるため「太陽のビタミン」とも言われています。日光に当たる時間が減ってしまうことでビタミンDが不足し、骨や歯がもろくなってしまいます。

気分の落ち込みからうつ病につながる可能性も

日照不足による影響の2つ目は「気分の落ち込みや意欲の低下」です。これは体内にセロトニンという物質が不足することが原因で、悪化するとうつ病や不眠症となる恐れがあります。セロトニンは神経伝達物質の1つで、不足すると精神不安定になり意欲の低下やストレスによるイライラを感じやすくなります。心の健康を保つためには、日光を浴びてセロトニンの分泌を増やすことが重要です。

日照時間の短い北欧では人工的に日光のような照明を利用して、セロトニン不足による健康被害の解消に努めています。

北欧など夏季でも日照が少ない地域では、精神症患者の数が多く、その治療として人工照明室の暴露が有効で、治療効果を上げている。


引用:セロトニン分泌に影響を及ぼす生活習慣と環境

日光を浴びると気持ちが明るくなることは気分的な要因にとどまらず、きちんとした科学的根拠があるのです。

北欧は日照不足

心身の健康を保つために心掛けたいこと

心身の健康を保つために重要なビタミンDとセロトニンは、次の2つの方法で増やすことができます。

  • ビタミンDや、セロトニンの材料となるトリプトファンを含む食材を食べる
  • 日光を浴びる

ビタミンDが多く含まれる食材は、シイタケなどのキノコ類とサケやイワシなどの魚です。セロトニンはトリプトファンというアミノ酸が原料になっており、肉・魚・乳製品・豆類に多く含まれています。

さらに日光を浴びることによって、これら物質を効率良く体内合成することができます。始業前に外でウォーキングをしたり、仕事の合間に庭へ出て休憩したりすることも効果的です。休日にはアウトドアやキャンプに出掛け、日光をたくさん浴びて体調を整えていくのも良いですね。

草原をハイキング

心身の状態を整えるために日光を浴びることは、科学的にみても有効な方法です。在宅勤務でなんとなく不調を感じている人は、外に出て日光に当たることを意識してみてはいかがでしょうか。きっと良い変化があるはずですよ。

参考:
日照時間と健康との関係
セロトニン分泌に影響を及ぼす生活習慣と環境

Natures.編集部より

Nature Serviceは自然と融合した法人向けレンタルオフィススペース、信濃町ノマドワークセンターを運営しています。30人強を収容できるワークスペースを有し、近年大きな注目を集めているリモートワークやワーケーションを実践できる施設です。また、起業家や経営者の方々が落ち着いて働けるように、1~3人程度の少人数でご利用できるエグゼクティブ向けのワークスペースもご用意しております。さらに、ノマドワークセンターのある敷地内にはやすらぎの森オートキャンプ場が併設されています。ワーケーションのなかにキャンプを取り入れ、ぜひ、皆さまには新しい働き方の1つとしてご利用していただけることを願っております。都会と変わらない作業やネット会議を行いながら、時折施設周辺を散歩し、木々や葉っぱの擦れる音、鳥たちの鳴く声に耳を傾け、生産性や創造性などの知的労働生産性の高まりを肌で感じ取ってみてはいかがでしょうか。

信濃町ノマドワークセンター

コメントを残す