新鮮な空気ときれいな星空に惹かれて、長野でキャンプをするのが恒例となっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。長野県にあるキャンプ場は、標高が高い場所にあることが多く、どんな服装でキャンプに行くべきか悩む方も多くいらっしゃいます。

本記事では、長野県の妙高山麓にある「やすらぎの森オートキャンプ場」の春シーズン(4~6月)におすすめの服装と持ち物を解説していきます。

4月後半~5月のおすすめの服装と持ち物

長野県信濃町の4~5月の平均気温を確認してみましょう。

   最高気温 / 最低気温  
 4月 16℃ / 2℃
 5月 21℃ / 8℃

日中と夜の気温差は10℃以上になり、特に4月は氷点下になる日もあるくらいです。室内では暖房が必須の状態で、東京近郊の冬の終わりと同じくらいの寒さです。気温の上下も激しく、しっかりとした防寒対策を忘れないようにしてください。4・5月のおすすめの服装は次の通りです。

【昼の服装】
コート、トレーナー、ロンT、長ズボン

【夜の服装】
昼の服装にプラスして、真冬のダウンコート、発熱インナー、手袋、ニット帽、ネックウォーマーなど

この時期は気温の変動が大きいです。4月の最高気温は10℃の日もあれば、22℃の日もあるくらいです。日中もまずは暖かい服装をしておき、暑くなったら脱ぐようにすると温度調整がしやすいです。気をつけるべきは日が落ちてからの寒さです。15時を過ぎると一気に気温が落ちてきます。上手に重ね着をし、手袋などの防寒具も装備して、しっかりと寒さ対策をしてくださいね。

焚き火の炎

4~5月におすすめの持ち物は3つです。

  • ストーブ・電気カーペットなどの暖房器具
  • 焚火台
  • 毛布・コット

4~5月は、防寒対策アイテムが欠かせません。薪ストーブはハードルが高いかもしれませんが、電源付きサイトなら電気ストーブや電気カーペットも利用できます。家にあるものを上手に利用しましょう。さらに焚火台があれば火を囲いながら暖を取ることができます。就寝時は毛布があると温度調整がしやすいですね。またコットなどの簡易ベッドがあれば、底冷えの心配もなくなります。

やすらぎの森オートキャンプ場は雪解けの様子で、営業開始日を決定しています。4月後半からになることが多く、GWには営業しています。営業開始の確認はやすらぎの森オートキャンプ場公式サイトでご確認ください。または、こちらのページ下部にあるニュースレターにご登録いただきますと、予約受付の開始時期をメールにてお知らせいたします。

6月のおすすめの服装

続いて、長野県信濃町の6月の平均気温を確認しましょう。

  最高気温 / 最低気温  
 6月  24℃ / 13℃

6月になると気温も夏らしくなり、日中は長袖~半袖で過ごせます。しかし、夜になるとかなり気温は下がります。山の天気は変わりやすいので、寒いときに重ね着ができるような服装がおすすめです。

やすらぎの森オートキャンプ場のフリーサイト

【昼の服装】
薄めのアウター、半そで、長ズボン

【夜の服装】
昼の服装にプラスして、コート、トレーナー

※発熱インナー、手袋、ニット帽、ネックウォーマーなどがあると急な気温の変化にも柔軟に対応可能です 。

やすらぎの森オートキャンプ場の梅雨入りは6月後半からです。雨の多い時期なので、しっかり対策をしてキャンプを楽しんでください。6月におすすめの持ち物は3つです。

  • 傘・レインコート
  • 大型ビニール袋・雑巾
  • テント内で楽しめる遊び道具
水たまり

雨具は必須アイテムですが、傘とレインコートの両方を準備すると便利です。また濡れたものを持ち帰ることを考えて大型ビニール袋や雑巾をたくさん準備しましょう。子どもと一緒の場合は、テント内の遊び道具があると安心ですよ。雨の日の対策は子どもと楽しむ!家族のはじめてキャンプ3~雨の日の楽しみ方と注意点~も参考にしてください。

まとめ

やすらぎの森オートキャンプ場での春キャンプにおすすめの服装と持ち物をご紹介しました。春は気温の変化が大きい季節です。しっかり準備して、楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。

直近の天気予報をご確認されたい場合は、下記もご活用ください。
(住所は「長野県信濃町野尻」です。)
https://tenki.jp/forecast/3/23/4810/20583/

Nature Serviceのキャンプ場

コメントを残す