【式根島に渡る】
新島の隣の島『式根島』に渡る。伊豆諸島最小の島・式根島は、行政区としては新島と同じ新島村。その新島 – 式根島間を『連絡船にしき』が結んでいる。1日3往復。10分程度の短い船旅。

島民の足でもある『連絡船にしき』
島民の足でもある『連絡船にしき』

発着場は新島港近くの漁港にある(大型客船とは港が違う)。小さな売り場でチケットを購入し乗船。客席もあるが、晴れた日は後部デッキがオススメ。離れていく新島の姿を見ながら、気持ちのいい風を感じることができる(帽子や荷物などが飛ばないように注意)。季節によっては、船に驚いたトビウオが飛ぶ姿が見られることもある。
この船を使うと、どちらかの島に泊まって、もう一方の島も楽しむことができる便利な連絡船。使わない手はない。

連絡船からの新島
連絡船からの新島

式根島へは東京・竹芝からの直行便があるので、新島経由ではなく直接行くこともできる。詳しくは東海汽船Webサイトから。

【小さな島の海を巡る】
式根島・野伏港に入港。洋風な感じのした新島とは違い、どこか和風な感じがする。断崖に囲まれた港の周辺に松の木が多いからだろうか。
式根島はアップダウンの少ない平坦な島。港から集落につながる坂はキツイが、小さい島内の移動は自転車がオススメ(レンタサイクル店がいくつかある)。なんせ4キロ平方メートル程度の小さな島。のんびり島内を巡るのもいい。

式根島外観(ドローンから撮影)
式根島外観(ドローンから撮影)

式根島は釣り、ダイビング、シーカヤックといったマリンアクティビティが楽しめる島。
リアス式海岸に囲まれた島には4つの海水浴場があるが、どの海水浴場にも綺麗なトイレとシャワーがあり、海水浴客に優しい。そんなところもマリンアクティビティの島らしいところ。
シュノーケリングスポットして有名な『中の浦海水浴場』。土産屋や飲食店が集まっている場所に近く波も穏やかなので、家族連れにぴったりな『石白川海水浴場』などがある。その中でキャンプ場があり、バーベキュウ(看板にこう記載されている)ができる『大浦海水浴場』に向かう。

大浦海水浴場の透き通る海
大浦海水浴場の透き通る海

キャンプ場が併設され、シーカヤックの出発点にもなる『大浦海水浴場』は、式根島マリンアクティビティの基地とも言える場所。海の岩場には魚も集まるので、シュノーケリングを楽しむこともできるし、中の浦海水浴場と泊海水浴場の間にあり、他の海水浴場にも移動しやすい。買い物ができる商店もさほど遠くないので、夏場は多くのキャンパーが詰め掛ける(無料。GWと7/1~9/30にオープン。期間中の受付は直接大浦キャンプ場へ)。

取材日は6月。キャンプ場は閉鎖中で、もちろんバーベキュウ客や海水浴客はいない。波の音が聞こえる静かな環境で、海風が心地いいと、机をお借りして臨時オープンオフィスを開設。鳥の鳴き声も聞こえてくる、自然を感じながらの作業環境。非日常の中のどうしようもない日常は、こんな感じでもいいのではないかと思う。

オープンなオフィスで作業中w
オープンなオフィスで作業中w

【温泉アイランド・式根島】
無料で入れる露天温泉が3ヶ所もあり、温泉の島としても有名な式根島。代表格は、海岸の岩場にできた『地鉈温泉』。源泉80度なので普通だと入れない。潮が満ちてきて海水と混じった時に、ちょうどいい温度になった場所を探して入る、自然感たっぷりの温泉。温泉まで降りる谷が、V字に鉈で切ったような形になっているとことから、この名前がついた。この谷はかなりの絶景。だが193段の階段はキツイ。野口冬人氏が選定した露天風呂番付では東の張出横綱に番付けされている(全国90選の中の、東日本ナンバー2)。水着着用。入る際は潮の満ちる時間の確認を。

地鉈温泉への道
地鉈温泉への道

干潮時のため入れない。なのでビールを飲む。

地鉈温泉とビールおじさん
地鉈温泉とビールおじさん

足付温泉』は、きり傷やすり傷などに効能がある無色の温泉。水着着用。こちらも満ちてきた海水で温度調整をする温泉。足に傷を負ったアシカが温泉に入っていたことからこの名がついたらしい(アシカの「アシ」から?)。同じく海岸にある温泉で、自然感は十分。
他に、潮の満ち引きに関係なく入れる水着着用の露天風呂『松が下 雅湯』、屋内温泉施設『憩の家』(有料)で温泉が楽しめる。
(海中から湧き出る温泉もあるが、特別な許可がいるので普通には行けない)

松が下 雅湯。足湯もある
松が下 雅湯

【海に沈む夕日】
海水浴場に夕日が沈むという情報を入手し、岩に囲まれ波が穏やかな場所のため、江戸時代は流人を島に送る際の中継地としても使われていたという『泊海水浴場』へ。扇状の入江が特徴で、式根島のポスターにも使われるこの海水浴場は、遠浅で子供連れの海水浴に最適。ドローンでも夕日を狙う。見事な夕日にはビールが似合うということで、カシュっと一杯。

泊海水浴場とビールおじさん
泊海水浴場とビールおじさん

【小さな「和風」リゾートアイランド】
歩いても巡ることのできる、伊豆諸島最小の島・式根島。しかしそこには多くの魅力が詰まっている。
岩場の多い海水浴場は、夏場には熱帯の魚も来るようで、シュノーケリング、ダイビングなどが楽しめ、目一杯楽しんだ後には、冷えた体を温めてくれる温泉もある。ギュっと島の魅力を凝縮した感じの島。
松が生えた島を取り囲むゴツゴツした岩の断崖と、青い海の組み合わせは、日本の島の原風景の趣。新島が『洋』だとするならば、式根島は『和』。
同じ行政区の新島とともに、トイレやシャワー、温泉など、島の至るところで見られるホスピタリティの高さは、観光客に優しいリゾート。ここは間違いなく『アイランド』(『島』と『アイランド』に関しては、「利島編2」参照)。

『和風リゾートアイランド・式根島』
今回はどストレートw

式根島の観光情報は『式根島観光協会』から。

ようこそ式根島!
ようこそ式根島!

次回「式根島編2」。式根島の原点を島の人と巡ります。

Nature Service 正会員 島事業リーダー
酒と音楽をこよなく愛する自由な情報設計者。島での楽しみ方は素潜り。綺麗な海を見ると潜りたくなって仕方ないらしい。潜った後のビールと、民宿のご飯が大好物。ビールおじさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です