皆さんは、自然に触れた時に何を感じますか?
木漏れ日や緑のざわめき、踏み締める土の感触、木々や草花の香りなど自然は私たちが思うよりも遥かに癒し効果を秘めている場所です。今回は、自然の中でも特に癒しを感じやすい森林の魅力についてご紹介します。

森林セラピー

現代では、人工都市の増加から森林などの自然と触れ合う場所や機会が減少しています。しかし私たち人間はもともと自然の中で生活していました。最近では「森林セラピー」という言葉が生まれるほど、私たちは自然に対して「癒し」や「安心感」といったセラピー効果を感じることができるのです。

森林浴で感じることができるセラピー効果について、実は科学的に証明されています。「なんとなくリラックスできる気がする」、「なんとなく落ち着く気がする」ではなく、「森林浴によって身体的、心理的に科学的に変化がある」ということです。

森林セラピーのリラックス効果

森林セラピーのリラックス効果について、近年様々な実験や研究が行われています。ここからは森林セラピーに関する研究結果も併せて、森林セラピーの効果をご紹介いたします。

第81回日本衛生学会 森林セラピーの生理的リラックス効果」での実験結果では、リラックスしている時に活発になる副交感神経の指標が、都市部と比べて森林部の方が有意に高い値を示しました。また、唾液の中に含まれる「コルチゾール」というストレスホルモンが森林部において都市部よりも有意に低い値を示したという結果も出ていることから森林浴には確実にリラックス効果があるといえますね。

森林浴の方法

さて、具体的な森林浴の方法ですが、堅苦しい決まりはありません。正しい歩き方や呼吸法を意識しなければならないなんてこともありません。森林浴は身体と心をリラックスさせて、五感で自然を感じることで効果が得られます。

森林ヒーリングでは、早く歩いて森林のコース内を完走することではなく、五感を働かせて葉っぱの擦れる音や、土の感触、鳥のさえずりを感じてセラピーの効果を得ることが大切になります。

心の休息に、自然の力を

私は自然の多い地域で育ち、小学校の行事として1年に1度は山登りをしていました。当時運動は苦手で、山登りも苦手な部類でしたが、ふと視線を上げたときに葉っぱの隙間から差し込む日の光がとても美しく見え、木漏れ日ってこういう光のことを言うんだなぁと子供ながらに心から感動したことをよく覚えています。

日々のストレスは、気付かないうちに蓄積していくものです。お天気の良い日は思い切って外に出て、自然に五感を向けてみてはいかがでしょうか?

(参考文献)
森林セラピーの生理的リラックス効果

コメントを残す