幸せとは何か、真剣に考えたことがあるでしょうか?今まで私は真剣に考えたことがありませんでした。しかし、キャンプを始めるようになって明らかに幸福度が上がっていると感じています。それは一体なぜか考えてみたいと思います。

幸せの価値

幸せの価値には、物のやり取りの幸せ、誰かと同じ場所で過ごす幸せといったものがあります。例えば、誕生日にプレゼントをもらったり、送ったりすると幸せな気持ちになり、穏やかになれる人や場所があると幸せを感じられます。しかし、誕生日やクリスマスは年に1回しかありませんし、誰かと過ごす幸せも当たり前に感じると幸せ感じにくくなります。

また、仕事では、常に成功し何かを達成し続けることができるわけではありません。うまくいかなかったり、失敗したり、対人関係で悩んだり、気持ちが落ち込んだり、イライラしてしまったりとマイナスなことが多くあります。私たちは、そんな日常に身をおいているのです。

ですが、幸せの価値を測る尺度はそれだけでしょうか。私は、体験することから感じられる幸せもあると考えています。体験の幸せの極みと言えば、結婚式でしょう。料理の内容やドレス選びからBGMの選曲など、すべてを自分達でこなさなければなりません。それは時に、面倒と感じることもありますが、結婚式当日になると幸せな気持ちになります。私は、体験の幸せを多く取り入れた人は幸福度の高い人だと考えます。

外でバーベキュー
外で食べるご飯はいつもより美味しく感じます。
家族や仲間と話せば自然と笑顔になります。

キャンプは「体験の幸せ」に直結する遊び

キャンプは体験の連続です。どこのキャンプ場にするか、どんなギアを持っていくか、何を食べるか、誰と行くか、どのように過ごすか、すべて自分で選択して決めることができ、それを実際に体験できます。そのため、キャンプ前も計画することが楽しく幸せ気持ちになります。キャンプ中も計画を実行することで自己実現になります。キャンプ後は、思い出となり幸福度が上がります。

たとえキャンプで失敗しても、改善点を考え次に向けて修正できます。このポジティブサイクルを構築している人こそ幸福度の高い人だと思います。そこには、性別も年齢も年収も関係ありません。このギアを使っているからすごいキャンパーという意識も線引きも必要ありません。そんなことより、今を楽しく過ごせているかが何より大事です。どんな料理を作ろうか、どのように過ごそうか、どんなキャンプ場に行こうかと考えるとワクワクして楽しくなります。私は夫婦キャンプですが、その楽しさの共有ができると幸せです。

豊かな自然
自然の豊かさを感じると心が穏やかになります。

まとめ

キャンプは、そのひとときの楽しさだけではなく幸福度を上げ人生の質を高めてくれる遊びだと思います。また、キャンプの不便さを感じると日頃住んでいる家がどれだけ快適なのかを感じます。疲弊した時こそ、自然の中で過ごすことをおすすめします。

今では、ストレスを感じるとキャンプやアウトドアをしたいと思うようになりました。キャンプやアウトドアの魅力は、気分が変わりポジティブになることだと信じています。キャンプを人生のイベントや習慣にしている人は、幸せな体験をしています。ぜひ皆様も幸せな気分をキャンプという自然の中で体験してみてはいかがでしょうか。

やすらぎの森オートキャンプ場

コメントを残す