長野県信濃町の妙高山の麓にあるやすらぎの森オートキャンプ場は標高600mにあり、秋と言えど10月からの寒さはやや厳しくなります。本記事ではこの時期におすすめの服装と持ち物をご紹介します。寒い季節のキャンプは空気が澄んでいて、虫が少ないメリットもあります。しっかり防寒対策をして思いっきりキャンプを楽しみましょう。

10~11月におすすめの服装

まずは、長野県信濃町の10~11月の平均気温です。

   最高気温 / 最低気温  
 10月 17℃ / 7℃
 11月 11℃ / 1℃

長野県の秋は短く、10月からは冬のように寒いのが特徴です。特に10月中旬以降は気温がグッと下がるので日中でも薄手のダウンが必要になります。11月になると日中も10℃以下の日が多く、夜は氷点下になることもあります。この時期のキャンプは完全防寒できる真冬のような服装がおすすめです。

【服装】ダウンコート、長ズボン、トレーナー、ロンT、発熱インナー、手袋、ネックウォーマー、ニット帽など
※予備の洋服を準備して、寒いときは重ね着できるように調整してください。

洋服を重ね着するのはもちろん、手袋やネックウォーマー、ニット帽、タイツなどの防寒アイテムもぜひご持参ください。風が強い日は気温よりも寒く感じられることが多く、この時期は晴れていても太陽の暖かさはあまり期待できません。雄大な自然の偉大さを感じながら、暖かい格好でキャンプをめいっぱい楽しんでくださいね。

10~11月におすすめの持ち物

10~11月は以下の3点があると安心です!

  • ストーブやホットカーペットなどの暖房器具
  • 冬用のキャンプギア
  • 温かい食事

暖房器具はある方が良いでしょう。薪ストーブがあれば心強いですが、扱いが難しい初心者は電気ストーブやホットカーペットの利用をおすすめします。電気の暖房器具を使う場合は、ポータブル電源を持参するか、RVサイト(AC電源があります)を予約すると良いかもしれません。

さらに冬用のキャンプギアがあると安心です。防寒性に優れたテントやフルクローズできるスクリーンタープ、冬用シュラフなどがあると冷たい空気をより防げます。食事もスープや鍋など温かいものがいいですね。冷えてしまった身体も一気に温まりますよ。

落ち葉で「WELCOME」

まとめ

長野県の秋キャンプは寒いですが、空気が澄んでいる美しい季節です。10月中旬頃からは妙高山や場内の木々も色付いてきて、秋ならではの景色も満喫できます。しっかり防寒対策をして、ぜひ寒い季節のキャンプも快適に楽しんでくださいね。

お天気は、以下のページもご参照下さい。
https://tenki.jp/forecast/3/23/4810/20583/

Nature Serviceのキャンプ場

コメントを残す