キャンプは、地球や環境だけでなく、自分自身ともつながることができます。少し休憩したい時に自然の中で過ごすことで、いつもと違った日常を味わうことができます。これは、私たち自身の精神的、感情的な部分を落ち着かせるのに適した環境です。

キャンプは人ととして成長できる機会でもあります。今回は、「8 WAYS CAMPING CAN MAKE YOU A BETTER PERSON」を参考に、キャンプが人を成長させてくれる理由をご紹介しましょう。

1. 小さなことに感謝する

キャンプ中、テクノロジーから離れることで得られることはたくさんあります。デジタルに邪魔されないこと。人生の小さなことに感謝できるようになること。思い切ってメール、電話、ソーシャルメディアなどから離れ、日常のできごとをリセットします。

そうすることで身の回りのものに集中でき、自分をリフレッシュできます。インスタグラムをスクロールし続けるのではなく、木々の香り、土の柔らかさ、コーヒーの味など、キャンプ中の静かな環境で気づけることはたくさんあります。小さなことに感謝することで、心が明るくなり、その積み重ねが幸せが生みます。

2. 体に良い新鮮な空気(とビタミンD)

屋外で過ごすことは、身体的にも精神的にも良い影響を与えると言われています。キャンプでは、一定期間、癒やしの環境に身を置き、都会の混雑した環境やホームオフィスの窮屈さから離れます。そして太陽を浴びてビタミンDを生成することで骨の健康や歯、免疫系の強化に役立つことが知られています。(ただし、日焼け止めを忘れずに!)

健康を維持し、生活の質を向上させることも自分自身を成長させる上でとても大切ではないでしょうか。

3. 気分の向上

大自然の中では、骨の強度を高めたり、自然とのつながりを取り戻したりするだけでなく、笑顔も生まれます。日常生活から離れることでストレスレベルを下げ、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを増加させることが証明されています。

気分転換として自然の中で過ごすことは、素晴らしい経験となるでしょう。また、キャンプでの気分の高まりは、その時だけではなく、その後もすてきな経験として残り、効果が持続します。

4. 新しい技術の習得

日常と離れて、キャンプファイヤーをしたり、テントを張ったりすることは、新しいスキルや課題、そして、新しい学習の可能性に触れられる環境です。多くの教育的な経験とは異なり、キャンプで新しいスキルセットを学ぶことは素晴らしいことであり、楽しくもあります。

キャンプを終えて帰る時には、これまで知らなかった能力が身につき、再びキャンプをしたいという気持ちになります。また、キャンプだけに役立つ技術ではなく、他の分野でも活躍していける知識も身につけることができます。

5. 環境へ配慮

高速道路や都市部を車で走っていても、自然を感じそれに感謝するといった気持ちにまでは至りません。しかし、田舎に数日間滞在して本当の自然を目の当たりにすると、何か不思議なつながりを感じます。自然を肌に感じ、一体となる瞬間。これは、インスピレーションやモチベーションを高めるものであり、自然環境との絆を深めるきっかけとなります。

6. 健全な社会性を身につける

都会のガヤガヤした環境から離れたキャンプは、家族や友人との社交の場としても最適です。一緒に食事の準備をしたり、ボードゲームをしたり、薪を集めたり、テントを設営したりと、キャンプ中に行うすべてのことが共同の社会活動です。人との絆を築いたり、日常で気づけなかった関係に気づいたりすることができるかもしれません。

普段の生活から離れ、少し違った雰囲気を味わえるキャンプを試してみませんか。心を落ち着かせ、非日常的な空間で過ごすことで新たなアイデアや発想を見いだすかもしれません。さまざまな経験をしてさらなる成長を目指しませんか?

(参考
8 WAYS CAMPING CAN MAKE YOU A BETTER PERSON

やすらぎの森オートキャンプ場

コメントを残す