キャンプの驚きの効果を、Sport-Fitness-Advisorの記事を参考に3回シリーズでご紹介しています。

1回目は「子どもをキャンプに連れ出そう!学習能力や自信を育てる絶好の場に!」、2回目は「ビジネスパーソンこそキャンプにでかけよう!問題解決能力や創造力を磨く絶好の場に!」と題して、キャンプには子どもや大人のさまざまな能力を伸ばす効果があることをご紹介しました。

最終回の今回は、都会で忙しく暮らす人々の心や体に与えるキャンプの効果をご紹介します。

生活リズムが整い、ストレスが減る

自然の中でキャンプをして過ごすことで、生活パターンが本来のリズムに戻り、心の不調が改善されます。

人間は明るい時に動いて、暗くなれば寝るという「体内時計」を持っていて、その時計に従って過ごすことで健康的な生活が送れるのですが、現代人はそうはいきません。どこもかしこも人工の光で照らされているので、夜遅くまで起きて睡眠時間を削っています。体内時計に合わない生活は、ストレスを高めてしまいます。

でも、キャンプをすると本来の自然な生活リズムを取り戻すことができるのです。ある研究によると、人工的な光のもとで生活する人とキャンプをする人とを比べると、キャンプをする人のほうが睡眠のサイクルが自然であることがわかりました。そして、キャンプをする人のほうがストレスや不安の度合いも非常に低いことが明らかになっています。

キャンプは、人間本来の生活リズムを取り戻してくれる絶好の場なのです。

体を動かす楽しさを知り、健康的になる

屋外で自由に過ごすキャンプをすることで、活動的で健康的な生活を送れるようになります。

現代では多くの人がオフィスや自宅などの狭い空間で日常を過ごしていて、十分に体を動かしているとは言えません。また、何か運動でもしようかと思っても、忙しくて時間がなかったり、翌日に疲れを持ち越してはいけないなどと考えて、運動することもためらってしまいます。

でも、キャンプに行けば自由。木に登ったり、川で泳いだり、好きなように過ごすことができます。新鮮な空気を吸い、自然の中で自由に過ごすという体験は、屋外で体を動かすことの楽しさに気づかせてくれます。そして、また同じような経験をしたい、外で体を動かしたいという気持ちになっていくのです。

キャンプが人と野外活動との親和性を高めるということは研究でも明らかになっており、キャンプは人々を活発で健康的な生活に導いてくれるものだと言えます。

自然環境と新しい体験が、幸福度を高める

自然の中で体を動かし、日常生活ではできないさまざまな体験をするキャンプ。これらのことが、人の幸福度を高めてくれます。

キャンプは自然の中で行うので、都会と比べて空気がきれいです。そこで、たき火用に木を探したり、適度な大きさに切ったりしながらたくさん体を動かして酸素を取り込むと、それだけで体は喜びます。

また、「ちょうど良いサイズの木が見つかった」「火起こしができた」という小さな達成感や満足感が、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの分泌も高めます。

さらに、いつもとは違う環境でいつもとは違う体験をすることのできるキャンプは、単調でつまらない日常に変化を与えてくれます。

普段の生活は同じようなことの繰り返しで、意欲を感じたり幸せを感じたりすることが難しいのが現実です。そのような生活はイライラやストレスの原因になり、それが続くと心身ともに燃え尽きてしまいます。

キャンプの新しい環境と新しい体験は、日々の生活に変化を与え、燃え尽きてしまうことを防ぎます。そして、日々のなんでもないことの素晴らしさや人生の美しさに気づかせてくれるのです。

キャンプの効果を3回にわたってご紹介しました。キャンプはただ自然体験ができるだけではありません。日常に変化と刺激を与え、私たちの心と体にさまざまな効果をもたらします。キャンプに行ったことのある人も、まだない人も、その効果を体感しにキャンプに出掛けてみてはいかがでしょうか。

(参考)
20 Amazing Benefits of Camping and Top Tips for Beginners
Jenn Stark氏より上記記事の使用許可をいただいております。

コメントを残す