近年、働き方改革や世界的なパンデミックが要因となり、働き方が多様化してきました。特に働く場所の変化が著しく、「ワーケーション」という言葉を聞く機会が増えたのではないでしょうか。私も在宅勤務が増え、ワーケーションを行う頻度が増えてきました。中でも、自然が多い場所で行うといつもとは違う音や景色をたのしめます。

そこで今回は、自然豊富な旅先でのワーケーションの魅力について紹介します。

ワーケーションとは

ワーケーションとは、仕事の「work」と休暇の「vacation」を組み合わせた言葉。つまり旅先で働きながら、観光地などで休暇を取ることをいいます。

そもそもワーケーションは、観光庁や環境省が推進している事業の一つ。今までの旅行は、一定の時期に長期休暇を取得して行くことが特徴でした。

しかし近年、ワーケーションは増加傾向にあり休暇時期の分散や有休消費を促せると期待が高まっています。

また、働き手にとっても良い影響を与えています。例えば家族と過ごす時間が増えたり、心と体がリフレッシュできたり。仕事とプライベートのバランスを取りやすくなります。

ワーケーションで得られる効果

旅行先で仕事をすると良い効果がいくつかあります。ここでは、ワーケーションで得られる効果について紹介します。

1.モチベーションの向上

いつもと異なる環境で働くと、心身ともにリフレッシュでき仕事へのモチベーションアップが期待できます。また家族との時間が増えるので、以前よりもコミュニケーションが図れるでしょう。私もワーケーションを行ったことで、心身ともにリフレッシュした状態で仕事に取り組めました。

2.生産性が上がる

仕事とプライベートのバランスが良く、ワークライフバランスがしっかりと整います。その結果、メリハリがつき生産性の向上につながります。

またワーケーション終了後、5日間もその効果は持続するという結果も出ています。(参考:ワーケーションは従業員の生産性と心身の健康の向上に寄与する

大山でワーケーションを体験しよう

旅先はどこが良いのか迷う方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、神奈川県伊勢原市にある「大山」。標高1252mを誇る大山には、こま参道と呼ばれる飲食店や旅館が立ち並ぶ参道、麓と山頂を結ぶケーブルカーがあり観光に最適です。

また古くからの歴史や文化が評価され、日本遺産に認定されています。自然も多く、ハイキングや秋には紅葉を鑑賞するのもいいでしょう。

大山には、ワーケーションにおすすめのカフェがいくつかあります。中でもおすすめなのが、大山阿夫利神社下社の隣にある「茶寮 石尊」。こちらのお店は、ミシュラン2つ星に選ばれた絶景を望めるカフェです。

山にあるカフェなので、小鳥のさえずりや木々の揺れる音を聞きながら仕事が可能。

自然の音には、ストレス解消や癒やし効果があるのでリラックスして仕事ができます。私は平日に利用したのですが、人も少なく落ち着いているのでゆっくり集中できました。

まとめ

今回は、自然豊かな旅先でのワーケーションについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。自然豊富な場所での仕事は、集中力向上やストレス緩和など効果抜群。気分転換にも最適なので、ぜひ体験してはいかがでしょうか。

(ワーケーション事例はこちらから:なぜ、今ワーケーションなのか。リモートワークの次の働き方を見据えて。~人事本部長が語るワーケーション~第1回

Natures.編集部より

Nature Serviceは自然と融合した法人向けレンタルオフィススペース、信濃町ノマドワークセンターを運営しています。30人強を収容できるワークスペースを有し、近年大きな注目を集めているリモートワークやワーケーションを実践できる施設です。また、起業家や経営者の方々が落ち着いて働けるように、1~3人程度の少人数でご利用できるエグゼクティブ向けのワークスペースもご用意しております。さらに、ノマドワークセンターのある敷地内にはやすらぎの森オートキャンプ場が併設されています。ワーケーションのなかにキャンプを取り入れ、ぜひ、皆さまには新しい働き方の1つとしてご利用していただけることを願っております。都会と変わらない作業やネット会議を行いながら、時折施設周辺を散歩し、木々や葉っぱの擦れる音、鳥たちの鳴く声に耳を傾け、生産性や創造性などの知的労働生産性の高まりを肌で感じ取ってみてはいかがでしょうか。

信濃町ノマドワークセンター

コメントを残す